病害虫対策への薬剤選びは最初が肝心です。適切な薬剤を使用しましょう!

カイガラムシ 殻のあるカイガラムシ

害虫,薬剤,農薬散布,薬剤散布,薬剤効果,病害虫

成虫は殻をかぶったり、ロウ物質で覆われているため、退治の難しい害虫の一つで,

薬剤がなかなか効かない病害虫の一つです。(−−;)

その上、種類も400種類(確認されただけ)あるいは、その倍近い種が存在してるとか・・・

我が家でも、退治がとても手間どりました・・・

一方で、いろいろ生態を調べていくうちに、驚くほど種類が豊富で、姿形の豊かさに

感心してしまいました。(><)・・

そこで、感動しても・・・・家族からちょっと・・ひんしゅく買いました。

 

歯ブラシなどでこすり落としても退治できますが、葉などを傷つけないようにします。

幼虫時代に手早く薬剤で退治する方法が一番効果的って、地元の農家さんに

アドバイス頂きました。

使用した薬剤は・・・

オルトランDX粒剤 200g 【殺虫剤 害虫】

オルトランDX粒剤


カイガラムシ 殻のないカイガラムシ

害虫,薬剤,農薬散布,薬剤散布,薬剤効果,病害虫

カイガラムシといっても、殻がなく体表が白い粉状や綿状の分泌物に覆われている種類で

フクロカイガラムシ類やコナカイガラムシ類(分泌物を取り除くとワラジムシのような虫がいます)などがいます。

アブラムシと違って、繁殖性は悪く、よく繁殖するコナカイガラムシでも年に数回、ロウムシ類では1回しか繁殖しません。

 

雄、雌の姿が全く違う種類が多数います。

雌はずーっと、じっとり植物にしがみついています。

一方、オスは成長すると羽が生えて移動して、繁殖。

 

なんだか、雌って・・・・・じーーーーっと、座ってて

黙々と汁液吸って、まるで、どっかの昼下がりの奥様のような・・・・(私みたい)(^^)ゝ。

で、雄はひたすら外回り状態。

 


カイガラムシの退治する時期は5〜7月が効果大!

カイガラムシの幼虫は、大抵5〜7月にかけて幼虫があらわれます。

この時期に薬剤を月2〜3回程度の割合で

カイガラムシの姿が見えなくてもていねいに散布すると、8月頃からいなくなります

成虫にくらべて、幼虫の方が駆除しやすいので、

(とはいっても、何回か薬剤散布するけど)しばらくの期間、じっくり腰をすえて

駆除して下さい。

私は、毎朝の日課にしました。(--)/~

カイガラムシに限らず、庭の植物を自主パトロール感覚で。(^^)

 

オルトランDX粒剤 カイガラムシに効果のある薬剤

オルトランDX粒剤 200g 【殺虫剤 害虫】

【特長】

○2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、植物全体を害虫から

守る効果が持続します。

○葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も

効果的に退治します。

オルトランDX粒剤

オルトランDX粒剤

【適用害虫】

・ばら、きく:アブラムシ類

・サルビア:ワタアブラムシ

・はぼたん:アオムシ

・ベコニア:コガネムシ類幼虫 

・ガーベラ:ハモグリバエ類

・クロトン:ミカンコナカイガラムシ

・トマト、なす:アブラムシ類 

・きゅうり:コナジラミ類

 

【成分】

○アセフェート(0,S-ジメチル-N-アセチルホスホロアミドチオエート)・・2.5%

○クロチアニジン《(E)-1-(2-クロロ-1,3-チアゾール-5-イルメチル)-3-メチル2-ニトログアニジン》・・0.25%

○鉱物質微粒粉・・97.25%

【性状】類白色細粒

【魚毒性】通常の使用方法では問題ない。

【保管】

飲食物・食器類やペットの餌と区別し、直射日光をさけ、密封して、小児の手の届かない冷涼で乾燥した場所に保管。

【治療法】アセフェートの解毒剤としては、硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤の投与が有効。

 

カイガラムシ関連エントリー

カイガラムシ
カイガラムシは、庭木や、果樹に寄生し、甚大な被害を出します。
アブラムシ
アブラムシは、かなりの種類がいます。小さいくせに、繁殖力が旺盛です